キャッシングの審査にはどれくらいかかる?

消費者金融の即日融資のキャッシング審査にかかる時間は、平均で30分から1時間程度と非常にスピーディ。
しかも、申し込みをしてから実際にお金を借りることができるまでのトータル平均は1時間30分程度
キャッシングの即日融資が可能な理由は、この本審査のスピーディさがあるからなんですね。

 

キャッシングの審査には、3種類あります。

 

@自己診断
インターネットの公式サイトなどで、自分で簡易に診断できるツール。
最低限の情報を入れると、事前審査や本審査を受けることができるかどうかを診断することができる。

 

A事前審査
申し込みをした後に、事前審査で本審査を受けることができるかどうか審査してくれる。
申し込みの際の個人情報で審査している場合が多い。
この審査は自己診断とは違い、オペレーターから簡単に質問や返答がある場合がある。

 

B本審査
申込書を記載し、事前審査に通過した後、細かい申込書や審査依頼書のようなものに年収などを記載することで審査がスタートする。
本審査に通過すれば、契約可能となる。

 

Aの事前審査や@の自己診断は、できるところとできないところがありますが、大手の消費者金融などのキャッシングでは、@の自己診断で自分でチェックできるので便利です。
最初から通過しないとわかっているキャッシングで本審査を受けるのは時間のムダですので、自己診断があるところは必ず自分でチェックしてから申し込みましょう。

 

お金を即日で借りるためのオススメキャッシングサービス

アコム

貸付利率 自動審査
受付時間
メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜21:00 30日間金利0円サービス

パート・アルバイトでもOK!

アコムは申込みから契約までインターネットで手続き完了することができます。店頭窓口や自動契約機来店して手続きする場合でも、事前にインターネットで申し込んでおけば、来店時の手続き時間が短縮可能。

【特徴】
・3秒結果表示
(3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。)
・はじめてでも来店不要
・スマートフォンの無料アプリがあるので収入証明の送付などが便利!

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

 

プロミス

貸付利率 申し込み可能時間 メリット
4.5%〜17.8% 24時間
WEB完結(※対象金融機関は200行以上あり)なら、最短1時間融資で郵送物もカードも無し!
プロミスは、初めての方なら30日間利息ゼロ!(※メールアドレスとWeb給与明細の登録が必要)簡単3秒診断で、申し込みが可能かどうか簡単に自己診断ができます。また、WEB完結(※対象金融機関は200行以上あります。)なら自宅にいながらキャッシングが可能!郵送物なし、カードレスなので安心してお金を借りることができます。

【特徴】
・3項目入力で簡単3秒診断
・「WEB完結」(※対象金融機関は200行以上あり)は郵送物なし!カードレスでWEB取引で最短1時間融資が可能
・初めてなら30日間無利息(※メールアドレスとWeb給与明細の登録が必要)
・50万以下なら収入証明不要

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

アイフル

貸付利率 自動審査
受付時間
メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査が可能!

 

お急ぎ審査で即日融資を実現!インターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間が短縮されます。振込み予約やカードでの融資とその場の状況に合わせた即日融資方法が選べます。
※受け付け時間によっては振込みがよく営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用の申込みフリーダイヤルもあります
・1秒診断で事前に自己診断が可能。
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.aiful.co.jp/

 

 

クレジットカードのキャッシングなら即日融資もOK!

あなたはクレジットカードを持っていますか?

じつは、ほとんどのクレジットカードには、お金を借りるためのキャッシング機能が最初からついています
もし、あなたがクレジットカードの申し込みのときに、わざわざキャッシング利用をしない、という申し込みをしていないなら、ほぼキャッシング機能があると考えていいでしょう。

 

クレジットカードキャッシングのメリット

すでに手続きや審査が終わっているため、即日融資希望には強い味方

クレジットカード作成の際に、最初に審査を受けたはずです。
クレジットカードの発行審査に通っているなら、あらためてキャッシングのために審査や手続きをする必要はありません。
つまり、手持ちのクレジットカードを持ってATMに行けば、即日でお金が借りられるということになります。
本当に急ぎで、今すぐにでもお金を借りる必要がある場合や、それが夜間などで即日融資が可能な金融機関や消費者金融が開いていないときは非常に便利といえます。

 

コンビニATMなどで365日24時間引き出せる

クレジットカードのキャッシングは、コンビニATMで365日、24時間利用できます。
忙しくて、銀行の開いている時間に店舗に行けない人でも全く問題ありません。

 

口座から自動的に返済してもらえるから手間がかからない

返済方法にもよりますが、基本的には、クレジットカードの支払い登録口座から、ショッピングで使った金額と一緒に返済分が引き落とされます。
わざわざ別に返済しに行ったり、管理を分けたりする必要はありません。
返済分がきちんと口座に入っていれば、手間なしで返済までできるのでとても便利です。

 

消費者金融のカードを持つ必要がない

これは、とくにキャッシングをしていることを周りに知られたくない人にとってかなりのメリットです。
キャッシングしていることが家族や同僚、友人にばれてしまう一番の原因は、財布やカバンの中のキャッシングカードを見られてしまうこと
クレジットカードのキャッシングなら、新たにキャッシング用のカードは必要ありません。
クレジットカードは、多くの人が持っていて、キャッシングのイメージはありませんよね。

 

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードの限度額内での融資しか受けられない

クレジットカードのキャッシングは、あくまでそのクレジットカードの限度額内での利用しかできません
たとえば、ひと月の限度額が20万円で、すでにショッピングで5万円使用している場合、キャッシングで利用できるのは15万円までということになります。
もちろん、15万円をキャッシングで利用した場合、ショッピングで使える金額は5万円ということになりますね。
大きな金額を即日で借りるには向いていない、と言えそうです。

 

一括払いでの返済が基本

リボ払い(毎月定額を決めて返済する返済方法)もできないことはありませんが、クレジットカードのキャッシングのリボ払いは利子が高くあまりオススメできません。
利子のことを考えると、一括払いでの返済ということになります。
一括払いで返済ができる金額の範囲内で借りる、ということを条件にしましょう。

 

金利が高め

クレジットカードを持っていれば審査や手続きなしで借りられるクレジットカードの一番の弱点は、金利が高めな店です。
もし、一括では返済が難しい金額を即日で借りたいなら、ランキングで紹介した消費者金融のキャッシングを利用したほうが、金利はぐっと安くなります。

 

借金という意識が薄れがち

コンビニでさっと借りて、返済はクレジットカードのショッピング払いと一緒にできることもあって、「借金」という意識が薄れがちになることも。
キャッシングは、手軽ではありますがあくまで借金であることにかわりはありません。
借りすぎて、返済が困難になると、クレジットカード会社の信頼が損なわれ、カード自体が使用できなくなります。

 

即日でお金を借りる、キャッシングに適したクレジットカードオススメは?

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 最短、即日クレジットカード受け取りが可能。

パート、アルバイトでもカード発行可能!

※20歳以上の安定的な収入がある方

 

【特徴】
・最短、即日で(その日のうちに)クレジットカードを受け取りが可能。
・国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いて、年会費無料
・インターネット上で、カード発行可能か3秒で診断でき、24時間申し込みできます。
・一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣・主婦の方でも申し込み可能です。
・利用明細の自宅郵送を無しにできる。家族等に利用を知られることもありません。(利用明細は店頭窓口、ATMで受取りやホームページ確認が選択できます)

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

キャッシングの審査は簡単?必要書類は?

キャッシングの審査はとっても簡単。
必要書類はというと、ほとんどの場合は身分証明書のみ
運転免許証を持っていれば、運転免許証のみで審査を受けることができます。
運転免許証を提出して、約30分でキャッシングができるのでとっても手軽で簡単ですよね。

 

 

もう少し詳しくキャッシングの審査に必要な書類や持ち物をご紹介しましょう。

 

身分証明書

運転免許証を持っている人は、運転免許証のみでOKですが、免許証を持っていない場合は住民票などが必要です。
健康保険証は、写真が入っていないものはNGのようなので、国民健康保険や社会保険証はNGということになります。

 

運転免許証の住所が現住所と違う場合で、免許証の住所を変更していない方は、免許証以外に住民票や公共料金の請求書など現住所が記載されている公的な書類が必要ですので注意しましょう。
住所変更をしているかどうかは、免許証の裏面を見ればわかります。

 

収入証明

消費者金融のキャッシングで50万円以下を借りようと思っている方は、収入証明は不要です。
50万円以上の借り入れを希望する方は、収入証明を準備しておきましょう。
収入証明は、源泉徴収や過去3か月分の給与明細などでOK。
ただし、収入証明は審査を受けるキャッシングによって必要かどうかはそれぞれ違いますので、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

 

印鑑

契約の際に印鑑は必ず必要です。
シャチハタ以外のものを準備しておくようにしましょう。

必要なものはこれだけ。
本当に簡単に審査を受けることができて、キャッシングでお金を借りることができます。
消費者金融のキャッシングを例として挙げていますので、銀行キャッシングの場合は他にも必要なものがあるかもしれませんが、概ね即日融資のキャッシングはこれくらいの準備で審査を受けることができると思います。

 

即日融資だからこそ、スピーディな審査が求められますので、このくらいの書類でOKということですね。
また、審査の最後には在籍確認があります。
在籍確認は勤務先に在籍しているかどうかの確認電話が行きますので、勤務先が営業している必要があります。
在籍確認は書類でOKというところもありますが、ほとんどが電話確認が必要なので、夜間や土日の契約には気をつけるようにしましょう。

 

キャッシング比較 目的別で比較してみました

キャッシングには、大きく分けて消費者金融と銀行の2種類があります。
それぞれの目的別でどちらのキャッシングでの契約がいいか、比較してみました。

審査時間が早いキャッシングは?

審査時間はダントツで消費者金融がスピーディです。
消費者金融の場合は、申し込みから本審査〜契約、キャッシングと全て合わせても1時間半〜2時間程度なのに対し、銀行は1〜3営業日かかるのが平均です。
銀行キャッシングにも即日融資はありますが、その銀行の普通口座を持っている必要があったり、銀行の営業時間内だったりと色々制約がありますので、必ずしも即日融資ができるとは限りません。
確実に審査時間が早いところで契約したい場合は、消費者金融がオススメです。

審査が簡単なキャッシングは?

審査が簡単かどうかはわかりませんが、スピードを考えると消費者金融の方が簡単です。
簡単というのは、審査内容に通過しやすい、ということではなく、揃える書類が少なかったり、申込方法が簡単ということ。
銀行の場合は最初に口座を作る必要があったり、審査を受けるために収入証明や在籍証明などが必要な場合もありますが、消費者金融は免許証のみでOK。
事前準備が簡単なのは、消費者金融のキャッシングです。

 

金利が低いキャッシングは?

銀行キャッシングは、消費者金融・信販系と比較してもダントツで低金利です。
本当に低金利なところになると、一桁台のところもあるくらいです。
地方銀行のキャッシングなどは、その地域に居住または勤務している必要があるなどの制限された条件がありますが、本当に低金利で借りることができます。
急ぎでなければ、まずは低金利の銀行キャッシングから探していくのをオススメします。

 

即日融資ができる可能性が高いキャッシングは?

時間だけでいうと、消費者金融なら即日融資が可能な確率が高いです。
消費者金融は、金利が高い変わりに即日融資に非常に特化したキャッシングですので、土日祝や夜間でも契約できる可能性があります。
だいたい、20時くらいまでに申し込みをすれば当日中に本審査を受けることができますので、急ぎの方はとにかく審査だけでも受けてみましょう。

 

キャッシングの自動審査とは?

よく、キャッシングの自動審査、1秒自動審査、などと書いてあるのを見ることがあると思います。
この自動審査は、最初に簡単に説明しましたが、「自己診断」のことで、必要事項を入力するだけで、すぐに簡易のチェックをして結果を表示してくれるシステムのことです。
自動審査に記載する項目は、「生年月日」「他社借入状況」「年収」などの項目のうちのいくつかの場合が多いです。
これらを入れると、申し込みが可能かどうかの結果がすぐに表示されます。

 

自動審査は本審査ではない

「自動審査を受けてOKだったら契約ができる」と思っている人は少なくないと思います。
私も最初、勘違いしていました。
非常に紛らわしいなと思います。

 

この自動審査というのは、キャッシングの申し込みをする際に、最低限クリアしていなければならないポイントをチェックしています。
例えば、年齢が申し込み可能な年齢かどうか、他社の借入が何社あるか、現在就業中かどうか、など、申し込みをしてもすぐにNGになってしまうような内容を、事前にチェックするしくみになっています。

 

この自動審査をクリアしなければ申し込みはできませんが、クリアしたからといって本審査に通過するというわけではありませんので間違わないようにしてくださいね。

 

自動審査があった方がスピーディ


希望しているキャッシングに自動審査がある場合は、必ず最初に行っておいた方がスピーディです。
面倒な気もすると思いますが、自動審査でチェックしておかないと、色々な書類を揃えて申し込みをした後に、すごく単純な理由で申し込みができない、という結果になる可能性もあります。
そうなると、急いでいる方にとってはかなり時間がもったいないですよね。

 

自動審査で最初に自分の状況を確認しておけば、もし自動審査に通過しなかった場合に何が原因かもわかりますので、次の審査を受ける際に役立ちます。

 

自動審査では、「年齢」「年収」「他社借入状況」などの項目が多いですが、これらについては以下のような条件の確認を行っています。

 

・年齢・・・契約が可能な年齢かどうか
・年収・・・継続した収入があるかどうか
・他社借入・・・3社以上だとNGの場合も

一番ひっかかるのは他社借入状況で、3社まではギリギリOKのところとNGのところがあります。
4社以上になると、ほとんどのところがNGじゃないかと思います。

 

また、年齢は上限がキャッシングによって60歳、65歳、70歳などと変わってきますので、こちらも確認しておくと無駄な時間を使わなくて済むのでいいですね。

 

複数社にあわてて申し込みをすると、申し込みブラックという扱いになってしまい、しばらくの間申し込みをすることができなくなってしまいます。
そのようなことにならないためにも、自動審査は非常に便利ですので、ぜひ活用してくださいね。